RawGitが終了するのでjsDelivrに移行しよう

  • 2018.10.12
  • Web
RawGitが終了するのでjsDelivrに移行しよう

はい、DAFUです。

今回は、GitHubにアップしたファイルで簡単にCDNを利用できるサービスだったRawGitが終了するとのことで、jsDelivrへの移行方法をまとめました。

RawGit終了のお知らせ(Twitter)

rawgit
rawgit.com

要約

  • RawGitにも終わりが来たよ( in a sunset phaseってカッコいいので積極的に使っていきたい)
  • 配信自体は2019年の10月まで行うよ
  • 今使ってるなら出来るだけ早く使うのやめてね
  • 移行先にはjsdelivrとかCodesandboxとかあるよ
  • 趣味のつもりで始めたら42億リクエストとか来たしマルウェアも配布されてるからやめるよ
  • 今まで5年間ありがとう

jsDelivrとは

URL:https://www.jsdelivr.com/

jsdelivr
www.jsdelivr.com

これはRawGitと同じように使えるCDNです。

他のCDNがnpmパッケージのみの対応な中、これはGitHubのファイルを簡単にCDN配信出来ます。

https://cdn.jsdelivr.net/gh/ユーザー名/リポジトリ名@バージョン/ファイル名

また、WordPressのプラグインも同じようにCDN配信出来るのも面白いところです。

RawGit亡き後、一番使いやすいCDNではないでしょうか。

移行方法

https://cdn.rawgit.com/user/repo/commit(最初の7文字)/file

↓こうする

https://cdn.jsdelivr.net/gh/user/repo@version/file

直す場所

rawgit.com→jsdelivr.net/gh

/commit→@version

シェルファイル(普通にエディタの一括置換した方が早い)

echo "置換前"
cat old.txt
echo "置換後"
sed -e 's/rawgit.com/jsdelivr.net\.\/gh/g' ./old.txt  > ./new.txt
sed -e '\/commit/@version/g' ./old.txt > ./new.txt
cat new.txt

 

まとめ

jsdelivrは十分rawgitの代替となりえると思います。

移行もURLを書き換えるだけなので、簡単なのもいいところです。

一応シェルコマンドを書いてみましたが、普通にエディタで一括置換するべきだと思います。(めんどくさい)