おみくじを作ったお話。(秘密鍵からのインポート方法)

  • 2018.01.02
  • Web
おみくじを作ったお話。(秘密鍵からのインポート方法)

はい、のんびりしてたら2017年が終わると聞いて冬休みの課題に追われることになったDAFUです。
今回はおみくじを作ったので紹介します。

おみくじについて

私がManual Blog.に作ったおみくじのお話。
おみくじのURL→http://monaform.starfree.jp/omikuji.php
このおみくじ、JavaScriptで動くようになっているのですが、<a>タグで飛ぶリンク先をランダムに決定する、という方式をとっているため非常にサーバーを圧迫します。(HTMLファイル100個結果用に作りました…)
多分if文と組み合わせればそれなりにスマートにやりたかったことができた気もするし、そもそもHPで作る必要もなかったといえばなかったのだけど、(診断メーカーとかでも作れる)今回はCSSとJSの練習に作りました。
そのおみくじ部分の実装は、ドットインストールの講座をほぼそのまま流用した形になります。
また、今回は年明けまでお年玉を表示させないために.htaccesによる強制リダイレクトも用いていて、こちらもなかなか疲れました。(誰か代わりに書いてくれればいいのに…)
大大吉には50ZNY(分の秘密鍵)つきなので、運試しにどうぞ。

また、秘密鍵によるウォレットへの残高のインポート方法を書きます。
1.qtを立ち上げます。
2.ヘルプのところにあるデバッグウィンドウを開きます。
qtimport1
そうするとこのような画面が出現します。qtimport1

ここに
importprivkey ”秘密鍵”を入力します。(importprivatekeyじゃないので注意)
そうするとその秘密鍵を持ったアドレスがインポートされます。

割と戸惑う人が多いようなので書いてみました。

それではまた(‘ω’)ノシ